[ 2017/3/25 ]
新聞のコラムで、教科書から「鎖国」という文字が消える。
という記事を見つけ、えぇ〜! 何で? ・・ と思って、
検索してみたら、「士農工商」は随分前から無いし、
「聖徳太子」も消えるらしい。 
その訳を読むと、
なるほど 明治維新後の急激な近代化は又
つい この前までの江戸時代を、
悪しき過去のものとする事であり、
その為に作られた言葉であり、
正確に江戸時代の事を反映していた訳ではない。
建国記念日だって、封建時代から天皇制に変わる中で
無理矢理こじつけられたものであり、
江戸時代には、建国という意識すら無かった様だ。

歴史が、急激に大きく歪んだ 明治時代に出来た制度が、
その後も ずっと続き、我々は 生まれた時から、
その制度に従って教育され、身に付いている訳で、
今更 言われても ・・ どうにも困った感覚である ・・
しかし、これから更に歴史が掘り起こされ、
見直されるに連れ、我々の血に沁み込んだ常識が
次々と 引っくり返されて行くかも知れないなぁ〜 ・・


[ 2017/3/19 ]
この2年後の1970年の Lotus72で、前方配置の
ラジエターを、サイドスポットに搭載し、
ノーズを ウエッジシェイプにした。
そして、ウイングカーへと発展していく訳だが、
この Lotus49Bで、すでに その未来を予感させる
要素を充分含んでいると思う。

とにかく 古くから、チャップマンの Lotusは、
美しく 洗練されたデザインだ。 
どんなに斬新なアイデアを採用しても、
決して 取って付けた様な 作り方をしていない。
完全に そのアイデアを、ものにして
トータルバランスの取れた車に仕上げている。
他人から見ると、とんでもなく奇抜なアイデアも、
チャップマンにすると、単なる思い付きではなく、
着々と積み重ねた思考による 必然なのだろう。
そうなるべくして なった形なのだろう。

自然界の進化は、突然変異で起こるが、
技術は進歩であり、それは突然変異ではなく、
着々とした積み重ねからしか生まれないのだ、
と Lotus F-1の進歩は 教えてくれる。
残念ながら、本物のチャップマンを見ていない。
今 思うと、遠くからでも 一目 見たかったなぁ〜
見たら 人生が変わる訳では無いけれど、
やっぱり 見たかったなぁ〜  残念 ・・・


[ 2017/3/9 ]
再び 車中泊をしているので、夜 スーパーに、
弁当や惣菜が半額になる時間帯に買出しに行く。
いつものスーパーは、工業団地の近くなので、
その時間帯を狙って来る、外国人労働者達と
奪い合いをするのだが、最近 人数が増えてきて
押され気味で、分が悪くなってきたので、
少し遠いが 別のスーパーに行っている。
そこでの敵の多くは、中国人農業実習生だが、
立ちが悪いのは、一般日本人の方だ。

この 底辺の戦いの中でも、プライドはあって、
より安い惣菜を奪い合い、あれもこれもと
籠の中全て 半額シールの貼った商品しかない
というのも、夜間バイトの レジの女子高生に
見られるのも、ちょっと恥ずかしい。
そこで、正規の値段の パンや牛乳も入れる。

風呂も入らず、油まみれの作業服の親父が
17、8 の小娘に、気恥ずかしさを感じるのも
客観的に見ると、全く馬鹿げた話なのだが、
それでも、あの半額惣菜を奪い合う奴らとは
俺は違うんだ!
という、下らないプライドがあるのだ! ・・・


[ 2017/3/5 ]
夕刊に、仲畑流万能川柳年間大賞決まる。
「17 も 70才も 一度だけ」 と載っていた。 確かに・・
昨年2月29日に亡くなった、ブログの御主人も
「明日は七夕、一年に一度だけの七夕であり ・・
だけど、あっそっか。 毎日どの日だって
一年に一度しかない日なのだ」 と書いてたっけ・・
当たり前の事だけど、最も忘れてしまう事だなぁ〜
我々は現在しか生きられない、過去や未来を
生きる事は出来ないのだ。

女房が入院してから、そろそろ1か月。
メールをしても、なかなか返信が無い。
具合が悪いのだろう。 足腰が弱っていて、
今日も ベッドから立ち上がろうとして転んだらしい。
私も、車中泊の無理がたたって、風邪を引いて、
1週間、家に帰っている。 治ったと思ったら
今度は、歯が痛くて たまらない。 
明日、歯医者に行かなきゃ。 

いい歳をして 夫婦共々 悲惨な人生だ。
まあ別に悲壮感は無い。 結構それなりに
今を楽しんでいる。  基本的に、
人間は 楽天的に出来ているらしい。 ・・・


[ 2017/2/25 ]
女房が入院して、介護から解放され、
鬼の居ぬ間に洗濯、とばかりに、車中泊をして
ずっと工場で仕事をしている。 
今まで介護に奪われていた時間、往復60kmの
通勤時間、風呂や晩酌の時間、等 多くの時間を
仕事に傾けられる。 何より 工場も車中も 寒い。
暖房は自分自身の体温を下げない事。 ひたすら
動く事しかないので、起きている間は働くしかない。

ただ 寝る前は、酒を飲んで 音楽を聴いたりして
少し ゆっくりしたい。 
私は、テレビは観なくても過ごせるが、
ラジオを聞かない生活は 考えられない。
勿論 多くの場合、視覚情報から ヒントを得るが、
耳からの情報の方が、はるかに多くの
インスピレーションを得ていると思う。
音から 勝手に 色々な事を想像するのが好きだ。

寝る前は、いわゆる 癒しとして、内外の
女性歌手の歌を聴く事が多いが、
女房に、好きな女性歌手の話をしていると、
「なるほどねぇ〜、どの歌手も 声質が似ている。 
そういう声質が好きなんだねぇ〜」 と言われた。
自分では よく分からないけど、女房は そういう
勘は優れているので、そうかも知れない。
何か 惹かれる声質 というのが あるのかも? ・・


[ 2017/2/18 ]
政治家という職業は、本音を言ってはいけないし
相手の質問にも、まともに答えてはいけない。
いかに論点をすり替え、自分の主張を繰り返すか
それが大衆受けするし、そうでなければ出来ない。
ましてや 時の首相ともなれば、100% 嘘で固めて
いなければ 出来ない職業だと思っていたのだが、
最近、へぇ〜? 案外 本音を漏らす事もあるんだ?
と、思った事があった。 

ドナルド・トランプが、中東・アフリカ 7カ国の国民の
入国を一時停止する大統領令を発令した時、
一斉に各国首脳が非難声明を発表したのに、
我らが安倍チャンは、「その事について、コメント
する立場ではない。」 と、何とも寂しく恥ずかしい
コメントを発表したらしいが、
へぇ〜、この人は案外 正直な人なんだなぁ〜・・
と、ちょっと可愛らしく思った。

何しろ、日本の難民受け入れ数は、年間100人程度。
トランプの言っているのは、数万人単位の話。
全く次元の違う問題。 アメリカ、いや 世界的に、
日本は何もしていない、何の痛みも伴っていない、
に等しい訳で、そんな国の首相が、それについて
批判でもしようものなら、それこそ世界中から
バッシングを食らう事 間違い無し。 本当は、
「その事について、コメント出来る立場ではない」
なんですよねぇ〜 ・・ 


[ 2017/2/9 ]
女房の症状が改善せず、再び静岡に入院した。
まあ今回は、病院側も様子が分かっているし、
私の状況も限界なので、付き添いはしない。
昨年お世話になった 病棟スタッフに、お礼と
又 お世話になるかも?と、年賀状を出していた。
受付に迎に来てくれた看護婦さんが、開口一番
「可愛い年賀状 ありがとうございます」
と言ってくれた。 年賀状 出しといて良かった。

入院にあたり、下着を買いたい、と言うので
ファッションセンター しまむら に連れて行った。
ブラジャーを2枚買って、何かを探している様だが、
痛みが酷く、辛そうにしているので、買った
ブラジャーを持ってあげた。 ・・ と、そこまでは、
介護してる旦那さん、という構図だったのだが ・・

ふと、そうだ! 自分の股引を買おう! と、
殆どが女性服で、女性のお客さんしか居ない
店内を、うろうろ探し回って、安い股引を見つけ
女房を探した。 その間、大した時間ではない。
しかし、妙に 店内のお客さんの 私を見る目が
変な気がして、気には なっていたのだが ・・

私を見つけた女房が、「ちょっと、完全に変態だよ」
「えっ?」 と自分を見ると、確かに ・・
ハンガーに掛かったブラジャーを 2枚ぶら下げて、
女性服売場の店内を、ずっとウロウロしてた訳だ。
・・ あの〜 実は ・・ こういう事情でして ・・


[ 2017/2/2 ]
ラジオ番組のゲストに、佐野元春が出ていて
海外の若い女性の歌を流した後、
「この歌には 怒りがある。 静かな深い怒りが。
日本の女性の歌には、恨みはあるが怒りがある
歌は少ない。」 と言っていた。
へぇ〜? そうか、確かに! 
演歌なんて、殆ど 恨み節だけど、怒りは感じない。
日本の幽霊も、恨みつらみであって、
海外の、オカルト的 物理的な怒りは無いなぁ〜

それだけ日本は、男尊女卑が深く根を張って
いるのだろうか? ・・
ウーマンパワー と言えば、どピンクのスーツに
肩パッド三つ位 入れて、上から目線で威圧し、
闊歩する キャリアウーマンをイメージするが、
本当は、1人1人の女性の静かな怒りこそが
土台を持ち上げる 大きな力になるんだと思う。

しかし それにしても、どうして我家は、
恨みつらみの 欠片も無く、ダイレクトに
怒りが爆発する女性ばかりなんだろう? ・・・


[ 2017/1/28 ]
新聞に、ディープラーニング技術を使う人工知能を
武器に、様々な産業と協力して、新しい世界を
切り開いている ベンチャー企業が紹介されていた。
東大と京大の理系の学生 6人で起業し、
現在は60人もの俊英が集まる天才集団だそうだ。

はぁ〜 ・・ 凄い人達が居るもんだ ・・
深層学習だの 人工知能だの の研究も いいけど、
それより、人間は生まれた時は 皆 平等?
皆 同じ様に見えるのに、何故 2〜30年もすると、
とんでもない高等動物と、私の様な下等動物に
分かれて進化するのか? どこで どの様に
分かれて行くのか? 何故 こうも差が開くのか?
どこまで戻れば、進化の曲がり角に辿り着くのか?
という人間の脳の研究も是非やってもらいたい ・・


[ 2017/1/22 ]
放送大学で、「貧困と社会」 という講義を聞いた。
全15回の中の、2〜3回だが、興味深い内容だった。
「貧困の空間社会学。 地方は どこへ行くのか?」
・・昔は無かった 裏日本、表日本という言葉が、
どの様にして生まれたのか?
東北地方から中央へ、どの様にして人口が流入し、
地方の人口減少が、どの様に進んでいったのか?

地方から中央への人口流入は、冬季の出稼ぎから、
現在の無期限の期間工への変化も含め、
先生 曰く、地方の貧困と人口減少を語る上で、
最も分り易い例が、青森県の出稼ぎの歴史で、
具体的な数字を並べて解説していた。

とても分り易い内容で、すっかり聞き入ったのだが、
聞いているうちに、オイオイ そこまで言わなくても
いいだろうよ! ・・ 
確かに これは授業で、分かってはいるけど、
青森県人としては、結構 辛いものだった。 ・・


[ 2017/1/15 ]
信号待ちをしていたら、角のコンビニの駐車場で
中東の男性3人が、大袈裟な身振り手振りで
立ち話をしていた。 声は聞こえないので、
まるで 3人でダンスをしている様だった。
しかし 西洋人は、何故あんなに手振り身振りを
するんだろう?  以前ヨーロッパに居た時、
前を走っていた小さな車の中で、大の男4人が、
身振り手振りで話していて、何と 運転手も、
両手を離して喋っていたっけ ・・

隣の韓国は どうだろう?  
中国人は 声は大きいが、あまり手振り身振りを
している様には思えない。 東南アジアは?
インド人は? どの辺の地域jから、
手振り身振りが始まるのだろう?
手振り身振りの 世界分布を研究している人は
居ないのかなぁ〜? ・・・


[ 2017/1/9 ]
表彰式の集合写真を撮る時、整列するのに
ちょっと遅れてしまって、並ぶ所を 探していたら、
マルケスが、おいでおいでと横を空けてくれたらしく、
ちゃっかり、マルケスとタベリの間に入って、
中央で、一番偉そうに写っている。
全く 図々しい! 
でも、妙に絵になってるのが 怖い ・・

しかも、私が神様と思っている先輩ライダー達が、
更に神様と思っている、ルイジ・タベリを、
「この爺さん、誰?」 とか言いやがった!
実は、工場に ドリーム50が あるのだが、
それを RC116風に改造し、飾りたいと思ってる。
そして掲示板には、誇らしげに
「RC116モドキ 類似 タベリ号」 と書くのだ。
表彰式の画像を デザイン工房に載せました。


[ 2017-1-3 ]
大晦日、故郷 弘前で 先生をしている 姪っ子から
突然 電話があった。 
もう 7〜8年 帰省していないので、久し振りの連絡だ。
「ん?いやな予感 ・・」、しかし行動的な 姪っ子は、
子供を連れて 何度も ディズニーランド等へ遊びに
来ていた事を知っているので、又 遊びに来てるな?
やっぱり ・・ ディズニーランドではないが、年末に
南青山で行われる、ジャズを聞きに来ている様だ。
しかも、夫婦共々 音楽家でもあるので、
飛び入りで、演奏までしたそうだ。

「明日、帰る途中に 寄ってもいい?」
元旦。  旦那さんと、八戸工専で、
マテリアルバイオ何チャラテクニカルコース ・・?
とかを専攻している長女。 中学1年の長男の
4人で来た。 夫婦共々先生で、子供達も
成績優秀、しかも音楽一家で、集まると家族で
演奏会をするらしい。 車に楽器を積んでるからと
姪っ子が、アルトサックスを吹いてくれた。

1曲目は忘れたけど、2曲目は 確か?
「煙が目にしみる」 Smoke Gets in Your Eyes 
本業は先生だが、ソロリサイタルや、色々な
演奏会に招かれたり、アンサンブルの全国大会
に毎年出場している、セミプロなので、
何の音響設備の無い 茶の間でも 完璧な演奏だ。
久し振りに近くで聴く 本物の生演奏。
我家の家族にとっては 初めての体験だろう。
勿論、我家の動物達も 口をアングリ ・・・